ここから本文です

TOPふるさと納税とは?

1分でわかるふるさと納税

ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄付をしたときに、2,000円を超える部分が住民税や所得税から控除される制度です。

※控除額には上限や一定の制限があります。

ふるさと納税4つの特徴

  • お礼の品が
    貰える
  • 使い道が指定
    できる
  • 応援自治体を
    選べる
  • 税金から控除
    される

ふるさと納税を申し込むには

自己負担2,000円で寄付できるのはいくらまで? 目安をチェック

まずは、自己負担の2,000円を除いた全額が税金から控除される寄付金額の上限をチェックしよう。控除のしくみはこちら

年収400万円独身寄附金の上限(目安)4万2,000円 年収600万円共働き中学生以下の子供が1人寄附金の上限(目安)7万7,000円 年収700万円妻が専業主婦高校生の子供が1人寄附金の上限(目安)7万8,000円 年収1500万円専業主婦高校生の子供が1人大学生の子供が1人寄附金の上限(目安)34万6,000円

今すぐチェック! 控除額シミュレーション

寄付する自治体を決めて申し込む

お礼の品や応援したい地域などから、あなたにあった寄付先を決めます。自治体へのお申し込みは、ヤフー、連携サイト(ふるさとチョイスなど)、自治体サイトからできます。

選んだ自治体5つに計50,000円寄付 実質自己負担2,000円

オススメの寄付先

Yahoo!公金支払いで支払う

ヤフーなら、クレジットカードとTポイントを利用したお支払いができます。クレジットカードのポイントもたまってお得です。お申し込み方法はこちら
  • 24時間いつでも支払いOK
  • 分割払いOK
  • Tポイントが利用できる

よくある質問

自治体からお礼の品と書類が届く!

寄付した自治体からお礼の品と「領収書(寄附金受領証明書)」が届きます。「領収書(寄附金受領証明書)」は確定申告に必要なので、なくさないよう保管してください。※お礼の品と書類の到着時期は、自治体によって異なります。

控除の手続き

税金からの控除は自動的にはされません。寄付をした翌年の3月15日までに確定申告をする、もしくは翌年の1月10日までの申請書提出で確定申告が不要になる「ワンストップ特例制度」を利用する必要があります。

税金からの控除は
自動的にはされません!

あなたは、確定申告不要の
ワンストップ特例制度を利用できます。

ワンストップ特例制度の利用方法 申請書の提出期限:2017年1月10日

あなたは、確定申告での
手続きが必要です。

確定申告の方法 確定申告の期限:2017年3月15日
上に戻る