ここから本文です

TOPふるさと納税とは?ふるさと納税の税金控除のしくみ

控除のしくみ

寄付したお金が戻る? 翌年度の住民税が減る?
控除のしくみ

「ふるさと納税」は、自己負担額2,000円を除いた寄付の全額が、所得税・住民税から控除されるしくみです。ただし、家族構成や年収、医療費控除や住宅ローン控除などにより一定の上限が決められており、上限を超えた部分は控除されないので注意が必要です。

ワンストップ特例制度の場合

翌年度の住民税が減る ふるさと納税をおこなった翌年度分の住民税から
控除(住民税の減額)

確定申告の場合

現金で戻る ふるさと納税をおこなった年分の所得税から
控除(還付)

翌年度の住民税が減る ふるさと納税をおこなった翌年度分の住民税から
控除(住民税の減額)

医療費控除、雑損控除、住宅ローン控除との併用

ふるさと納税は、医療費控除、雑損控除、住宅ローン控除と併用できます。他の控除を受けることでふるさと納税の控除額の上限が変わりますので注意が必要です。
詳細な控除上限金額については、お住まいの地域の役所(市役所、区役所、町役場、村役場)でご確認ください。

控除の手続き

税金からの控除は自動的にはされません。
寄付をした翌年の3月15日までに確定申告をする、もしくは翌年の1月10日までの申請書提出で確定申告が不要になる「ワンストップ特例制度」を利用する必要があります。

税金からの控除は
自動的にはされません!

あなたは、確定申告不要の
ワンストップ特例制度が利用できます。

ワンストップ特例制度の利用方法 申請書の提出期限:2017年1月10日

あなたは、確定申告での
手続きが必要です。

確定申告の方法 確定申告の期限:2017年3月15日
上に戻る