Yahoo!ふるさと納税 > 宮崎県 綾町 > 特集

輝く森と生きる

特集宮崎県 綾町(みやざきけん あやちょう)

日本最大級の照葉樹林を有する宮崎県綾町は、森を守り、自然と共生する地域づくりを半世紀にわたって進めてきました。全国に先駆けて推進した有機農業や手づくり工芸による里づくり、綾の照葉樹林プロジェクトなど、官民あげての取り組みは世界的に高い評価を得、2012年には生物圏保存地域(ユネスコエコパーク)にも登録されました。雄大な自然と、自然の恵みに感謝しながら生きる人々が綾なす美しい町です。
宮崎県 綾町ふるさと納税はこちら

「ほんもの」にこだわった有機農業推進

自然に恵まれた綾町は「自然生態系を生かし育てる町にしよう」を町民憲章に掲げています。この理念を農と食の分野で実現し、後世に美しい自然と大地を残すため、昭和63年に全国初となる「自然生態系農業の推進に関する条例」を制定しました。町は環境にやさしい農法の導入に努め、同時に安全性に対する検査体制を敷いて、認証シールで農作物のランク分けを行い、有機農業と食の安全運動を進めています。「安全な食材と、安心して住むことのできる綾町を後世に受け継いでいきたい」と望む気持ちは町の意志であり、妥協のない有機農業を目指しています。

移住・定住促進

綾町では移住・定住支援として、空き家貸し出し事業や子育て世代への住宅家賃助成を行うとともに、第2子以降の保育料無料化、乳幼児医療の対象年齢の拡大など、若い世代が安心して出産、子育てができる町づくりに努めてきました。このような取り組みが少しずつ実を結び、近年では人口が微増し、子どもの数も増え、町に活気がでてきています。

スポーツランド 綾

綾町はプロ、アマ問わず全国各地から多くのスポーツ団体がキャンプに訪れる町です。世界有数の照葉樹林が生み出す澄んだ空気や、一年を通して温暖で過ごしやすい環境が心身の英気を養い、リラックスしながらも集中できるトレーニング環境を生み出しています。陸上競技場、サッカー場、野球場、多目的屋内施設を整備し、スポーツに親しめる町づくりに励んでいます。

匠の生きるまち

「手づくり工芸の里」は綾町の代名詞のひとつであり、町内に40を数える工房があることでも知られています。照葉樹林がもたらす自然の素材を生かした木工・陶芸・ガラス・染織、さらには食品加工など、匠たちの技が輝きを放っています。手づくり工芸は綾町の重要な地場産業のひとつになっています。

輝き続ける未来のために

綾町は小さな町ですが、豊かな自然、安心・安全にこだわった農産物、手づくり工芸など素晴らしい素材があります。この魅力に心惹かれて移り住む人も増え、キラキラと輝く人材も豊富です。それはまさに「綾」という名の宝箱。今後、その可能性に満ちた地域のもつ素材と人材を生かした取り組みを充実させ、さらに町を輝かせ発展させていきたいと思っています。綾町を「心のふるさと」と感じていただき、ふるさと納税という形でご支援をいただければ幸いです。