ここから本文です

福岡市「ふくおか応援寄付」

  • 何度でもOK
内容量:
真かき 1.2Kg カキナイフ パンフレット(剥き方ガイド)同封
配送方法:
申込:通年受付 配送:12月~2月頃(季節限定) 発送時期が近づきましたら,配達希望日などについて確認をさせていただきます。

唐泊恵比須かき

すべてのカテゴリ > 魚介類・海産物

寄付金額

25,000

九州福岡の博多湾の西の端に位置し、玄界灘で育った唐泊恵比須かきは、身が大きくてぷりっとした食感が魅力で、「第1回かき日本一決定戦」において、見事、全国第2位に輝きました。「かき小屋」でも大人気の,冬の風物詩となっている唐泊恵比須かきをぜひお召し上がりください。

お申し込みはこちら


  • ご利用可能なクレジットカード

    Mastercard VISA JCB ダイナース American Express
  • Tポイントカード

    Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方は、
    Tポイントを使ったお支払いも可能です。

ふるさと納税の使い道

ふくおか応援寄付がリニューアルしました!!
寄付の使い道を追加,拡充しました。

■おさるのベンチプロジェクト(記号:あ)

  • 誰もが気軽に外出しやすいまち「ユニバーサル都市・福岡」の実現に向けて、市内にベンチ(通称:おさるのベンチ)を設置していく取り組み「ベンチプロジェクト」を進めています。
     いただいた寄付金は、高齢者をはじめ誰でも気軽に座れるベンチの購入費に活用します。

■地域保健福祉振興(記号:け)

  • 高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるまちづくりを進めるため、地域での見守り活動「ふれあいネットワーク」や交流の場づくり「ふれあいサロン」などを支援します。

■健康づくり(記号:つ)

  • 運動や食育、健診受診の推進など市民の皆様の健康づくりに役立つ取り組みを進めています。
    いただいた寄付金は、自主的に健康づくりに取り組めるような仕組みづくりのために活用します。

■困難を抱えた子ども応援(記号:ぬ)

  • 子どもたちへの温かい食事の提供に加え、調理や学習支援などの居場所づくりを行う民間団体の活動(いわゆる「こども食堂」)支援や、児童養護施設や里親などのもとから巣立つ子どもの自立と生活の向上の支援などに活用します。

■こども未来基金(記号:く)

  • 子どもたちが健やかに生まれ、育つことができるまちづくりを進めるため、乳幼児の親子が自由に遊べる「子どもプラザ」に加え、妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援を行う「子育て世代包括支援センター」な
    どにも活用します。

■NPO活動支援(記号:お)

  • NPOには、福祉、環境、子ども育成、社会教育の推進など様々な分野で、社会的ニーズにきめ細かく対応で
    きる新たな担い手として、大きな期待が寄せられています。
     いただいた寄付金をもとに、NPO法人の公益的活動に助成を行います。

■福岡市消防救急基金(記号:に)

  • 皆様が安全で安心して暮らすことができる良好な生活環境を目指して、消防救急体制の充実に取り組んでいます。 
     いただいた寄付金は、消防救急活動に活用します。

■美術館(記号:き)

  • 古美術から近現代美術まで幅広いジャンルの収蔵品を誇り、2019年3月にリニューアルオープン予定の福岡市美術館をぜひ応援してください。

■アジア美術館(記号:せ)

  • 近年、世界的な注目と人気を集めるアジア美術館。アジアの近現代美術を体系的に収集し展示する世界で唯一の美術館の活動をサポートしてください。

■博物館(記号:そ)

  • 国宝金印「漢委奴国王」、名鎗「日本号」、国宝 刀 名物「圧切長谷部」を所蔵しています。福岡・博多の魅力をアピールするためにも、ぜひ博物館にご協力ください!

■図書館(記号:な)

  • 子どもたちの読書の楽しみの発見や、読書習慣を養うのに役に立つような絵本や紙芝居等の児童図書をはじめとした図書資料の購入に活用します。

■スポーツ振興(記号:し)

  • 福岡市での開催が決まっているラグビーワールドカップ2019・世界水泳選手権福岡大会の準備や、新たな大規模スポーツ大会の招致など、子どもをはじめとする市民が一流のスポーツの魅力に触れ、交流できる機会をつくるために活用します。

■福岡城整備基金(記号:て)

  • 福岡城は、黒田官兵衛(如水)・長政父子が築城した、日本でも有数の規模を誇る城郭であり、福岡の歴史を語る上で欠かせない、貴重な史跡です。
    皆様からの寄付金は、福岡城跡の歴史的建造物(櫓・門等)の復元整備に活用します。福岡の歴史を未来につなぐプロジェクト。
     皆様の寄付により、“私たちの福岡城”が復元されます。福岡城の再建に、ぜひご参加ください。

■都市景観(記号:さ)

  • 都市景観の向上をめざして、市民のみなさまの景観意識を高めていただく事業(市内の魅力ある景観を巡る「景観ガイドツアー」、「景観よかとこマップ福岡」の発行等)や、ゆとりとうるおいのある公共空間の形成(モニュメントの設置等)に活用します。

■みどりの基金(記号:す)

  • 福岡市では、みどり豊かなまちづくりを目指して、市民・企業・NPOなどの皆様と共に、みどりを守り・育て・増やす取り組みを行っています。 
     いただいた寄付金は、公園や街路樹の整備など公共空間のみどりを増やす事業に活用します。

■動物愛護(記号:か)

  • 福岡市は、犬や猫の殺処分ゼロをめざし、市民の方々とともに犬猫の譲渡などに取り組んでいます。
    皆様からいただいた寄付金は、譲渡される犬猫のフード・不妊去勢手術、負傷動物の治療やミルクボランティア(子犬・子猫の哺育)事業などに活用します。

■動物園(記号:い)

  • 動物たちが食べるエサの購入に活用します。

■植物園(記号:ち)

  • 園内花壇の花苗購入に活用します。

■環境市民ファンド(記号:こ)

  • 福岡市では、3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進、温室効果ガスの排出削減、自然環境の保護等を目的とした、市民主体の環境保全活動を支援しています。 
     いただいた寄付金は、環境保全活動に取り組む市民・団体等の支援や、参加・体験型の環境啓発イベント「環境フェスティバル」等に活用します。

■事業系ごみ資源化推進ファンド(記号:た)

  • 福岡市では、循環型社会の構築の一助として、事業系ごみのリサイクルに取り組む事業者を支援しています。 いただいた寄付金は、事業者の施設整備や研究への支援のほか、リサイクルに関する情報発信などに活用します。

■福岡の森づくり(記号:と)

  • 森林は、適切に整備することで、防災機能などを発揮することができます。いただいた寄付金は、福岡市の森林を守り育てるための手入れに活用します。健康な森林を次世代へ残すためにも、ぜひご協力ください。

■ふくおか豊かな海づくり(記号:う)

  • いただいた寄付金は、漁業者が行う海底ごみの回収作業に活用します。ぜひご協力ください。

■福岡市の施策全般(記号:え)

  •  いただいた寄付金は、特に用途を指定せず、福祉や教育、まちづくりなど、福岡市の取組全般に活用します。
     「生活の質の向上と都市の成長の好循環」の実現をめざして取り組む福岡市をぜひ応援してください。

納付に関する諸事項

税法による優遇税制

地方公共団体へのふるさと納税は、税法による優遇税制を受けられます。詳しくは、寄付金優遇税制についてをご確認ください。
※税金の控除を受ける場合には、確定申告が必要ですので、ご注意ください。

指定代理納付者による納付

Yahoo!公金支払いでの支払いは、地方自治法第231条の2第6項および地方自治法施行令の規定に基づく「指定代理納付者による納付」です。

領収日

福岡県福岡市の領収日は、お客様がYahoo!公金支払いにて支払手続きを完了した日(カード利用日)です。ただし、領収日が有効になるのは、福岡県福岡市にクレジットカードの代金が振り込まれた日(通常納付手続きから15〜31日後。以降「納付確定日」といいます)となります。

領収証書

納付が確認できましたら、福岡県福岡市より確定申告用の「領収証書」を発行します。

カード利用代金の支払い

クレジットカードの利用代金の支払いは、カード発行会社の会員規約に基づくお支払いとなります。カード会社により、支払日が異なりますので、利用状況や支払予定日などについてはカード会社が発行する利用明細書などにてご確認ください。

ご利用の例

Yahoo!公金支払いでは5月1日から5月15日までに支払い手続きをした人は、月末の5月30日に自治体へ入金されます。
翌月のカード引き落とし日にカード利用代金の口座から引落されます。

  • 5月1日

     

  •  

    支払い手続き

  • 5月15日

     

  •  

     

  • 5月30日

     

  • 6月27日

     

  • 5月○日お客様カード利用日

  •  
  • 納付確定日

    (地方自治体へ入金された日)

  • 引落

    (カード利用代金の口座から引落)

お問い合わせ

福岡県福岡市財政局財産有効活用部財産活用課  092-711-4532  zaisankatsuyou.FB@city.fukuoka.lg.jp

福岡市「ふくおか応援寄付」のホームページはこちら

本文はここまでです このページの先頭へ