Yahoo!ふるさと納税 > 鹿児島県 南さつま市 > 特集

ふるさと納税で南さつま創生!

特集鹿児島県 南さつま市(かごしまけん みなみさつまし)

南さつま市では、ふるさと納税の寄附金を、(1)少子化対策と明日を担う子どもの育成 (2)高齢者などの安心・安全づくり (3)地域の活性化・雇用拡大 (4)ふるさとの環境・景観保全 (5)ふるさとへの移住・定住応援の各区分におけるさまざまな事業の財源の一部として活用しております。また、ふるさと納税により、市内の事業者も活気づき、新たな特産品開発に結びつくなど、その恩恵はとても大きいものがあります。
鹿児島県 南さつま市ふるさと納税はこちら

寄附金で本土最南端・九州唯一のウイスキー蒸溜所建設を支援!

 南さつま市では、寄附金を「地域の活性化・雇用拡大のための事業」である、企業立地対策事業(用地取得費補助・施設整備費補助・新規雇用補助)に活用しております。
 その一つとして、酒類の製造販売元である本坊酒造株式会社が平成28年11月10日(木)にグランドオープンした本土最南端のウイスキー蒸溜所建設への助成があります。

本坊酒造のウイスキー造り

 本坊酒造は、明治5年に南さつま市加世田津貫において創業した、鹿児島でも古い歴史を誇る焼酎の蔵元であり、現在、鹿児島はもとより日本各地でさまざまな酒類を製造・販売する総合酒類メーカーです。
 平成23年より蒸溜を再開した長野県の「マルス信州蒸溜所」に加え、平成28年には新たに本坊酒造創業の地・津貫に「マルス津貫蒸溜所」を開設。冷涼な気候の信州蒸溜所とは対照的に、温暖な気候から生まれる新しいタイプのウイスキーに期待が寄せられています。

新たな観光資源への期待

 津貫は、これまで柑橘類の生産や焼酎の製造を手がけてきた地域ですが、今回の本坊酒造の取り組みにより、ウイスキーの製造がそこに加わります。
 さらに本土最南端・九州唯一のウイスキー蒸溜所として、見学や試飲などができる施設も整備され、地域における新たな産業基盤となるのみならず、観光資源としても地域経済の発展に大きく貢献することが期待されます。
 カフェとショップを併設した本坊家旧邸「寶常(ほうじょう)」では、有料での試飲を楽しめて、酒類・オリジナルグッズなども販売。1933年に建築された邸宅で、庭園の景観を眺めながら極上のひと時を堪能できます。

若きブレンダ―の情熱

 ウイスキーは長期間の樽熟成の中で、その土地の影響を色濃く受けます。
 南国鹿児島の地で情熱と深い愛情を持って原酒を造り、育み、感動を与えるウイスキーをお届けするべく精進してまいりますので、『津貫』ブランドのウイスキーに皆さまご期待ください!
 マルス津貫蒸溜所 製造担当 草野

新たなお礼の品

 この新設の蒸溜所で製造されるウイスキーが南さつま市の新たな特産品になり、『津貫』というブランドが全世界へ発信される日を私たち南さつま市も楽しみにしております。
 今後、ふるさと納税のお礼の品としてもご提供できる日が来ると思います。この南国の地から生まれるウイスキーに、ぜひご期待ください。
 南さつま市では、新規企業の立地、既存企業の増設などを積極的に支援し、また、新産業の振興および地域雇用の増大を図り、魅力あるまちづくりを進めております。
 今後とも鹿児島県南さつま市への応援をよろしくお願いいたします。